市立加西病院
トップ活動・取り組みチーム医療> 緩和ケアチーム

緩和ケアチーム

当院では、がんの積極的な治療と並行して、がんなど治療が難しい病気と診断された方の、痛み・吐き気・息苦しさなど様々な身体的症状を和らげたり、不安や悩みなど精神的な症状を和らげたりするために、緩和ケアチームによる診療を行っています。

緩和ケアとは

がんなど治療が難しい病気と診断された方の、痛み・吐き気・息苦しさなどのさまざまな身体的な症状を和らげたり、不安や悩みなどの精神的な症状を和らげたりする治療や援助のことで、ご家族にも安心していただけるよう支援を行っていくことをいいます。

緩和ケアの目標

患者さんとご家族にとり可能な限り良好なQOL(クオリティオブライフ)を実現することにあります。このような目標を持つため、緩和ケアは終末期だけでなく、病状が初期の患者さんに対しても、病変の治療と並行して実施すべきで多くの利点を持っています。

緩和ケアチームとは

当院の緩和ケアチームは、医師(緩和ケア担当医、精神科医)、緩和ケア認定看護師、がん薬物療法認定薬剤師、栄養士、ソーシャルワーカー、臨床心理士で構成されています。

主治医や担当看護師が行う治療やケアをサポートする形で、主治医や担当看護師と一緒に患者さんの苦痛に対する治療やケアを行います。

当院の緩和ケアチームの理念

  • その人が、その人らしく生を全うしていけるように援助していきます。
  • 全人的苦痛をできる限り軽減し、QOLの向上を目指します。

加西病院の緩和ケアチームの活動

入院患者さんの苦痛症状の緩和

市立加西病院

週1回メンバー全員と主治医、担当看護師が集まってカンファレンスを開催しています。チームメンバーは各職種の役割を認識し、個々の患者さんに合わせベッドサイドに伺うこともあります。

オピオイドを使用している患者さんの疼痛コントロールについてもカンファレンスしています。

在宅への移行の支援

ソーシャルワーカーと地域医療室に所属する看護師が中心となり、地域と連携して在宅療養を望まれる患者さんの療養環境を整える努力をしています。

栄養科の取り組み

食欲のない患者さんに対しては、通常の食事ではなく、希望に添って食べられるもの、好きなものを食べて頂けるように、栄養士の協力を得てできる限り希望に添えるようにしています。

過去に入院された緩和ケア患者さんの嗜好を参考にした、めんや果物、アイス、酢物などの緩和食(単品~3品メニュー)やchemo(ケモ)食(カレー・焼うどん・親子丼)も提供しています。

緩和ケアQ&A

Q1: 緩和ケアは病気に対して何も治療はしないのですか?
A1: 痛み、吐き気、食欲不振、不眠、息苦しさなどの苦痛な症状に対しては、積極的に対処します。できるだけ患者さんやご家族のご希望に添うようにします。患者さんご本人が抗がん剤などの治療を望まれる場合は、可能であれば主治医と連携して治療を行える場合もあります。もちろん、現在手術や、抗がん剤の治療を行っている患者さんの支援も行っています。
Q2: 緩和ケアを受けるためには病名を知っている必要はありますか?
A2: 患者さんが病名、病状について真実を知っていることが大切であると私たちは考えています。患者さんにとって一番大切なのはうそのない真実のコミュニケーションであり、患者さんが知りたいと望んでおられる内容は心を込めてお伝えし、みんなで支えていきたいと思います。
Q3: 緩和ケアチームによる診療を受けるには?
A3: 主治医もしくは担当看護師にご相談ください。また詳しい説明を聞きたい方も気軽にご相談下さい。