市立加西病院
トップ活動・取り組み> 糖尿病患者会

糖尿病患者会

糖尿病友の会「ベリーの会」 入会のご案内

市立加西病院

名称の由来

ベリーの会と言う名称の由来は、加西の特産物ぶどうのベリーAと血糖コントロールをベリー・グッドにしたいとの願いを込めてつけました。この会は、加西病院に通院されている糖尿病患者様とその御家族、山谷副院長はじめ糖尿病療養指導士 14 名(看護師・臨床検査技師・栄養士・理学療法士・薬剤師など)の医療スタッフで作られている友の会です。糖尿病について正しい知識をもち、理解を深め、また会員相互の交流・親睦を深めることを目的に活動しています。

主な活動内容

  • 病気・治療に関する勉強会・食事会・ハイキングなどのレクリエーションを開催
  • 毎月第 1 土曜日 8 時 30 分に有志が集合して「歩こう会」開催
  • 日本糖尿病協会に入会し、医療者・患者双方からの糖尿病の最新情報をわかりやすくまとめた専門誌「さかえ」を割安で購入。

会費

3,000 円(さかえの購読料 2,400 円・さかえ郵送料 600 円)

考え方

糖尿病は、患者様ご自身が主治医となりご自分の生活をコントロールしていくことが何より大切です。そして病気とは一生のお付き合いをしていかなければなりません。ストレスを溜めず、上手に自己管理していくためには、気持ちを共有できる仲間との交流が大きな励みとなります。仲間との交流がご自身を振り返るきっかけとなり、頑張ろうという気持ちが湧いてきます。レクリエーションや歩こう会を通して、同じ悩みを抱えている患者様同士の親睦を深め、楽しい人生を送っていただきたいとの想いで平成18年4月に発足しました。入会ご希望の方は、内科外来まで気軽にお問い合わせください。

活動報告

☆ 親睦旅行

2016年春の親睦旅行で、大阪 エキスポシティに行ってきました。水族館と動物園の融合されている大型施設に感動し、動物たちの愛くるしい姿に癒やされてきました。

友と一緒に旅をする、同じ物を見て感動する、一緒に食事をする、おしゃべりをする、笑う、スキンシップをもつなどの楽しい体験は、幸せな気分を増幅させます。

幸福感や癒やされるとオキシトシンという「幸せホルモン」がでます。この幸せホルモンは、ストレスを癒やして、免疫力を高め、心身を健康に導きます。楽しんで日々を送れることは血糖コントロールにとてもよい影響をあたえると言われています。

ベリーの会は、会員さまの、enjoy Lifeをこれからも応援します。

市立加西病院
エキスポシティに行ってきました