市立加西病院
トップ医療機関の方へ> 病診連携について

病診連携について

開業医の先生方へ 病診連携について

加西地域には"かかりつけ医"の制度があります。診療所の先生方が担われる役割です。これは、患者樣およびその家庭も含め、医学的のみならず社会的な背景も考慮しながら診療を行ってゆくものです。いつでも相談がうけられますし、当人やご家庭の事情が良く分っているのできめの細かい診療を受けることができます。

"かかりつけ医"の先生が、入院や検査が必要であると判断した時には、私どもにご紹介ください。病院はそのような紹介患者樣を優先的に引き受けて対応します。問題が解決すれば、再び"かかりつけ医"の先生にお返事をいたします。問題を解決する上でしばらく加西病院での通院が必要な場合、"かかりつけ医"の先生におことわりして、本院での診療を続けます。

このような病診連携を進めようとする理由は、市立加西病院のように市内で唯一の高度診療能力をもつ病院は、安定した軽症の疾患を継続して診てゆく診療所的機能を果たすのではなく、持てる人材と設備を駆使して、重症疾患や急性疾患の高度医療を受け持つべきであるという機能分担の考えからです。"診療機能の地域内分担"は厚生労働省がその実現を強く指示するところです。保険診療報酬の内容も、この方向への誘導が色濃く反映されています。開業の診療所の先生方との協力関係を密にし、安定した疾患をお持ちの外来患者様については、可能な限り開業のかかりつけ先生にお願いすることを基本方針にしています。

開業医の先生方の、ご理解とご協力の程をよろしくお願いいたします。