市立加西病院
トップ診療科・支援部門看護部>マタニティセンター

マタニティセンター

スタッフ紹介

市立加西病院

妊婦健診から出産と退院後 1 ヶ月健診まで、一貫して同じメンバーでお世話させていただきます。

過去に当院で分娩された産婦さんの声(退院時アンケートより)を掲載していますので是非ご覧下さい。

市立加西病院

マタニティセンター理念

安全に分娩ができ、赤ちゃんとお母さんが安心して、家族と共に快適に過ごせる

基本方針

  1. 自然の持つ力を大切にし、自然分娩と母乳育児を応援します
  2. 母子同室制で赤ちゃんに寄り添う健全な育児をめざします
  3. お疲れが出ておられる方にはゆっくり休める環境を提供します
  4. 退院後の母乳育児・育児相談を行います

対象

妊娠・分娩(帝王切開例含む)
切迫流産・切迫早産・妊娠高血圧症候群など入院加療が必要な妊婦
乳腺炎治療
  • 高度のハイリスク妊娠は、NICUのある病院へ紹介させていただきます
  • 妊婦健診を受けていない方は、ハイリスクのためお引き受けできません
  • 病的新生児や34週未満の早産児は、NICUを有する施設へ転院していただきます
    (小児科医師が同乗するDrカーで迎えにきてもらうことができます)

分娩様式

  • ソフロロジー式分娩法
  • 自然分娩

分娩費用

一般個室 45~49万円 産科医療補償制度を含む
特別個室 49~53万円

入院期間

分娩日を含む7日間
帝王切開の方は手術後9日間

入院設備

分娩・陣痛室 2室 (LDR)
個室 5室 (ご主人様も宿泊可能です)
特別個室 1室 (ご家族御一緒に宿泊可能です)
4人部屋 1室 (切迫流産・切迫早産の入院に対応)
新生児室 1室

入院看護サービス

母子同室

市立加西病院

妊娠中から赤ちゃんとたくさんお話していただき、ご出産前から赤ちゃんとの関係を築いて来られたお母様と赤ちゃんが、誕生後も良い関係を続けられるように母子同室としました。入院中はもちろん、退院後の育児もスムースに行えるように助産師が援助いたします。また、お疲れの時などはご遠慮なくお伝えください。赤ちゃんをお預かりし、ゆっくり静養していただきます。また、お父様も一緒にいられるようにソファーベットを用意しています。(貸出有料寝具あります)

お食事

器にこだわり、適切なカロリーを計算した和食中心の産褥食と週2回夕食に提供される洋食中心のディナー食があります。ディナー食は、スープ・前菜から魚料理・肉料理・デザートと続くフルコースをゆっくりとお楽しみください。 3時には手作りおやつ、夜中の授乳もがんばるあなたには、すてきな夜食も用意されています。お部屋にはティーセットを用意して出産の日をお待ちしています。ご家族の方にも、予約制でママと同じお食事を楽しむこともできます。

市立加西病院 市立加西病院 市立加西病院
市立加西病院 市立加西病院 市立加西病院

ソフロロジー分娩・自然分娩

ソフロロジー分娩とは、ヨガ・イメージトレーニング・禅の訓練様式を取り入れて、分娩時の全身の筋肉や産道の緊張をほぐして、陣痛の痛みを和らげようとするものです。その方法は

  • 妊娠と同時にいつも赤ちゃんのことを考えて生活をし、全ての物事を良い方向に考えるようにします。例えば、陣痛は赤ちゃんが生まれ出るためのもっとも大切なエネルギー(力)と感じられるようにします。
  • 妊婦教室(マタニティクラス)でソフロロジー式呼吸法や弛緩法を練習し、お家でもイメージトレーニングをします。癒しの音楽を聴きながら、あぐらの姿勢でゆっくりと息を吐きます。思い描くイメージは、おなかの中の赤ちゃんだったり、生まれたての元気な赤ちゃんの様子やご家族の様子。それとも、今までに見た美しい風景でもいいのです。トレーニングによって、精神状態を眠りに入る前の心地よい意識へと持っていき、容易に筋肉の緊張をとくことができるようになります。
  • 薬や器具や人工的なことを加えず、本来持っている妊婦の自然な力を最大に引き出し、納得した満足のいく出産を目指しています。そのためには妊娠中の健康管理や準備が必要です。
  • 外来診察時にお申し出いただければ、ソフロロジーイメージトレーニングのためのCDを貸し出しています。

早期母子接触

出産直後できるだけ早い時期に、赤ちゃんの胸とお母さんの胸を合わせて、抱っこします。お互いの体温が伝わり、赤ちゃんの重さが命の重さとなって、産んだという実感が湧いてきます。やがて赤ちゃんはおっぱいを探し始めることでしょう。初めて吸われるおっぱいの感触を楽しんでください。赤ちゃんの力強さに驚かれることでしょう。そして、ますます赤ちゃんを可愛く、愛おしく感じられることでしょう。

ただし、出生直後の赤ちゃんは元気に生まれた場合でも、非常に不安定な時期で、急に状態が悪化する危険性があります。助産スタッフは呼吸状態などの観察を密にし、手には酸素分圧モニターをつけて、より安全に留意しながら実施いたします。

妊娠中及び出産直後にも、早期母子接触の希望の有無を確認してから実施しますのでご安心ください。

母乳育児支援

早期母子接触に続いて、赤ちゃんが欲しがるときにおっぱいを与える自律授乳を基本にしています。1日8回以上の直接授乳は、乳頭からの刺激が脳に伝わり、赤ちゃんをより愛おしく感じるおっぱいホルモンとして全身を巡り、溢れる母乳となります。

しかし、はじめから上手く吸えるわけではありません。赤ちゃんとお母さん双方の練習が必要です。繰り返しおっぱいを吸われることによって、母乳は徐々に増えていきます。焦らずリラックスすることが大切です。入院中だけでなく、退院後も助産師が全力で支援いたします。

産褥体操

産後の体力回復に合わせて、コンディショニング(ストレッチ・筋肉トレーニングなど)を行っていきます。産後の疲労回復、子宮復古を早め、自律神経が安定し、緩んだ腹部筋肉に刺激を与えることにより、腹部への脂肪沈着を軽減します。音楽に合わせて助産師と一緒に頑張りましょう。

アロマセラピー・足浴

市立加西病院

分娩当日は、疲れているのになかなか寝付けないものです。そんなときのアロマ足浴は心地よい入眠を促してくれるリラックスタイムとなります。

産後のフットケアとして、アロマオイルを用いたマッサージを助産師が実施いたします。出産という大仕事を終えたあなたへのささやかなご褒美です。ひとときのリラックスタイムを味わってください。


ベビー聴力検査

赤ちゃんの聞こえの検査(新生児聴覚スクリーニング検査)を2015年5月から開始しました。

入院中に赤ちゃんの聞こえの検査(新生児聴覚スクリーニング)を実施しています。

生まれた赤ちゃんの1000人に1~2人に生まれつき耳の聞こえに障害があると言われています。聞こえの障害は気付かれにくいという特徴がありますが、早くに発見して適切な援助を行うことが子どもの言葉と心の発達のためにはとても大切になります。

検査対象は、当院で出生した児のみになります。検査の詳細については、妊婦健診時にご説明しています。

退院後のサービス

健診・相談

市立加西病院

1週間後のおっぱい健診・産後一か月健診・随時育児相談(24時間、電話相談に応じています)

当院での分娩を希望される方は、電話または産婦人科外来にて御相談ください。
(電話:0790-42-2200 産婦人科外来 内線:2361)


産後ケア事業

産後ケア事業

産後の疲れた体で赤ちゃんを見るのは大変です。体調を崩したり、子育てに不安を抱いたりすることがありませんか?

そんなとき、助産師がお母さんの心身のケアや赤ちゃんのケアをお手伝いします。一人で悩まずに一度ご相談ください。


【 対象 】

出産直後から生後3か月くらいまでのお子さんとお母さん。

  育児に不慣れで不安が強い方、
    ベビーを少し預かってもらい休みたい方、
    母乳育児をしているがうまくいかず悩んでいる方など


【 実施内容 】

お母さんの休息、母乳ケア、ベビーの沐浴(希望の場合)、
  体重測定等


◎補助が受けられるようになりました。

加西市・加東市・小野市と提携しています。
 ご利用を希望される方は、各市役所へ申し込んでください。

『おやこで体操』をしています

  • 場所 : 加西市民会館の隣 コミュニティセンター和室
  • 日時 : 毎月第2水曜日(10時~11時)
  • 対象 : 生後2ヶ月~1歳の誕生月まで。
  • 内容 : ベビーマッサージや体操、交流会(内容は変わることがあります)
  • (開催中の事故やケガ等は、責任を負いかねます)

乳児をもつお母様たちが交流し、情報交換のできる場を設定しています。お母様達に家庭での赤ちゃんとの遊び方やあやし方を知っていただく機会にもなります。

また、助産師に気軽に相談できるような場でもあります。

市立加西病院 市立加西病院 市立加西病院
市立加西病院 市立加西病院 市立加西病院

楽しい気分転換になり、参考にできる事が一つでもあれば 幸いです。

当院で分娩されていない方もどうぞ。

ご予約は、平日14時~17時にマタニティセンター(0790-42-5287)までお願いします。

市立加西病院

産婦さんの声 (許可を得て抜粋)

☆2013年に出産された方です☆

市立加西病院
市立加西病院 市立加西病院
市立加西病院 市立加西病院

☆2012年7月に出産された方です☆

市立加西病院

☆2010年に出産された方です☆

予定日より、10日遅れて、○○○○gの元気な男の子を無事出産しました。

41週を過ぎても自然陣痛が来ないため、誘発分娩となりました。「誘発の陣痛は、自然より痛みが強い」と聞いていましたが、確かにとても痛かったです。初めての出産のため、痛さの基準も分かりませんでしたが・・・・。

そんな中、最初の誘発剤の点滴を始める時から分娩まで、約4時間(丸1日)ずっと付き添ってケアをして頂いた助産師さん、一貫して同じ方だったので、とても心強く、安心しました。

そして、立会出産に消極的だった夫に、立会をうまく誘って下さり、今では夫は、「出産の現場に立会えて、生まれたばかりのわが子を見れて、本当によかった。それにしても助産師さんは、体全体で、母子の命を守り出産を行っていることにすごいと感じた。出産って命がけやなあ・・・。」と語っています。本当にありがとうございました。感謝です。

生まれた子を抱っこして、おっぱいをあげている自分が何だかとても不思議で、とっても幸せな気分です。こんなにステキな気分になるので、陣痛の時の痛みも半ば忘れています。これも不思議ですね・・・。

我が子はやはりかわいくて、見ていても全く飽きなくて、いい意味での親ばかを発揮したいと思います。

最新の母乳情報や赤ちゃん情報、育児情報など、たくさんの助産師さんに教えて頂いて、アドバイス頂き、本当にありがとうございます。これらを参考に適当に手を抜きながら、育児をしていきたいと思います。

妊娠中から出産、退院、これから1か月健診もありますが、私の人生の一大イベントは、多くの方の支えがあってこそだと思います。本当にありがとうございました。

☆退院後送っていただいた直筆カードより☆

市立加西病院