市立加西病院
トップ診療科・支援部門看護部>中央材料室・手術室・放射線科

中央材料室・手術室・放射線科

2020年1月から手術室と放射線科が合併しました。

どちらの看護師も高度な専門的知識と技術が必要なため、それぞれの特殊性をふまえながら各分野でのスペシャリストを目指してスキルアップをはかっています。

チーム一丸となり、患者さんにとって安全で安心な看護、医療の提供に取り組んでいます。

手術室紹介

手術室は4室あり8科(外科・整形外科・婦人科・泌尿器・眼科・耳鼻咽喉科・皮膚科・内科)の手術を行っています。また、オンコールで24時間緊急手術を受け入れています。

スタッフは、麻酔科医常勤2名、非常勤医3名、看護師10名、看護助手 2名が勤務し、チーム連携を大切にしています。

行動指針は、①患者さん中心のケアの提供と患者の権利を擁護する②専門的知識と技術を用いた質の高い看護を実践する③多職種との円滑なコミュニケーションを図り協働する として取り組んでいます。

【外科】
  腹腔鏡下手術の様子です。
  モニター画面を見て手術操作を行います。
  患者さんにとっては侵襲の少ない手術です。

腹腔鏡下手術

 

【整形外科】
  膝関節鏡手術の様子です。半月板損傷や
  十字靭帯の手術を行っています。膝だけでなく、
  足関節や肩も鏡視下で行っています。         

膝関節鏡手術

 

【泌尿器科】
  体外衝撃波結石破砕術(ESWL)の様子です。
  尿管・腎臓にできた結石に対して衝撃波を繰
  り返し当て、砕いて尿と一緒に排泄させます。
  体を切る手術ではないので傷が残りません。

体外衝撃波結石破砕術

【眼科】
  白内障手術の様子です。白内障手術、緑内障
  手術、硝子体手術や涙道手術など行っていま
  す。涙道手術を実施している施設が少ないた
  め、遠方の患者さんの手術もしています。

白内障手術

 

放射線科紹介

放射線科スタッフ

放射線科スローガン

放射線科は、スタッフ5名で内視鏡検査や心臓カテーテル検査の介助を行っています。

消化器内視鏡における検査・治療は、上部内視鏡検査(胃カメラ)・下部内視鏡検査・内視鏡的逆行性胆管膵管検査(ERCP)・内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)などを行っています。消化器内視鏡検査や心臓カテーテル検査では緊急性を要する場合が多く、患者さんが安全に安心して検査や治療を受けてもらえるように、上記のスローガンを掲げて看護に取り組んでいます。

上部内視鏡検査

【上部内視鏡検査】
  胃カメラ検査は、経口や経鼻の検査が可能です。
  鎮痛剤を使用しながら、うとうととした状態にし苦
  痛を軽減しながら検査を行うことができます。

心臓カテーテル検査

【心臓カテーテル検査】
  細くなった心臓の血管を、カテーテルという管で
  広げる治療です。手首や足の付け根の血管か
  ら治療を行うので、体に大きな傷が残ることは
  ありません。