市立加西病院
トップ診療科・支援部門看護部>看護部のご紹介

看護部のご紹介

副院長兼看護部長挨拶

看護部では、「患者中心で良質、安全な看護の提供」を理念とし、安全・安楽な看護の提供はもちろんのこと患者さんの個別性や思いに沿った看護の提供ができるように努めています。

超高齢社会を迎え、地域包括ケアシステムや病床の機能分化が推進されており、社会や医療のしくみが大きくシフトチェンジしています。そのような中、地域の中核病院としての使命を果たし、当院を利用して頂く地域の皆様そして働く職員にとっても価値ある病院であるように努力しています。

私達は、住み慣れた地域でその人らしく生きることを支援し、患者さんの個別に応じた心のこもった温かい看護サービスの提供を目指しています。ご家族や地域の方々と連携し、それぞれの個別に応じた支援をしていきたいと考えています。

看護師一人ひとりが専門職として責任と誇りを持ち、質の高い看護実践ができるように、人材育成に力を注いでおり、キャリア開発ラダーや認定看護師による育成コースも設けています。また、公開研修を通して地域の方々と共に学びを深めています。

腹臥位療法、各種看護専門外来、訪問看護、産後ケア入院の受け入れ等、主体的に看護の専門性を発揮した活動をしています。

市立加西病院
 藤原 早百合

看護部理念・活動方針

看護部理念

「患者様中心で、良質、安全な看護の提供」

看護の基本方針

  1. 倫理に基づき、患者様の人間性を尊重した看護を実践する。
  2. 患者様の安全・安楽を守るために、あらゆる面からの事故防止に努める。
  3. 可能な限り廃用性変化を防止し、自立支援とQOLを高める看護を実践する。
  4. 専門職として責任と誇りを持ち、主体的な看護活動を展開する。
  5. 効率的で健全な運営意識を持って、職務を遂行する。

平成29年度 看護部目標

「生活者として患者をとらえ、専門職として責任をもって看護実践を行う」

看護部紹介

看護職員配置 ・入院基本料7対1   207床
・地域包括ケア病棟入院料1 13対1  53床
看護提供方式 固定チーム継続受け持ち制
勤務体制 2交代と3交代の選択制
認定看護師 緩和ケア認定看護師 2名
救急看護認定看護師 1名
糖尿病看護認定看護師 1名
皮膚・排泄ケア認定看護師 1名
感染管理認定看護師 1名
訪問看護認定看護師 1名

WLB(ワーク・ライフ・バランス)の推進

職員が遣り甲斐を持ち、生き生きと働き続けられる魅力ある職場作りのために、平成24年から看護部を中心としてWLB推進に取り組んでいます。各職場で自分達の働き方を見直し、種々の改善に取り組んでいます。勤務形態も3交代勤務に加えて2交代勤務や夜勤専従勤務を導入し、時差出勤の実施や休憩時間の見直し等、積極的に取り組んでいます。これらの取組みの成果に対して2つの団体から表彰や認定を受けました。

 市立加西病院    市立加西病院

平成27年3月18日
  「ひょうご仕事と生活の調和推進企業」に認定
          公益財団法人兵庫県勤労福祉協会
          ひょうご仕事と生活センター

  平成27年5月13日
    「看護職のワーク・ライフ・バランス推進
              カンゴサウルス賞」の表彰
             公益社団法人日本看護協会

就職を検討されておられる方へ

  • 院内保育所有、夜間保育も可能です。
  • 病院見学、復職支援セミナーも随時実施しています。
  • お気軽にご連絡の上、お越しください。