市立加西病院

認定看護師

認定看護師とは、特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を用いて水準の高い看護実践のできる看護師です。また特定の看護分野において他の看護師に対し、指導や相談を行っています。

当院には、現在8名の認定看護師がいます。

緩和ケア認定看護師  為廣多真紀・松本庸子

緩和ケア認定看護師 緩和ケア認定看護師

2005年から緩和ケア認定看護師として活動しています。私たちは、がん患者とその家族に対して、告知後の不安や治療の選択、病状に対する不安、そしてさまざまな身体的苦痛が少しでも緩和されることを願い支援を行っています。

緩和ケアチームのメンバーとしても医師、看護師、薬剤師、栄養士、MSWと一緒に院内の緩和ケアをサポートしています。

救急看護認定看護師  岩崎道代

救急看護認定看護師

2011年6月から救急看護認定看護師として活動しています。

救急看護とは、老若男女・診療科を問わず、また災害・地域医療なども含めた幅広い活動領域を担っています。

加西病院では救急外来に所属し、救急来院や緊急入院で危機的状況にある患者・家族に対して、病態を把握した上での緊急性の判断、救命技術、病態に応じたケア、精神的支援を行っています。また院内スタッフに対し、急変の予測や対応、救急外来におけるトリアージ、フィジカルアセスメントなどについて、指導・相談を通して救急看護の質向上に努めています。

糖尿病看護認定看護師  常峰秀美

糖尿病看護認定看護師

2011年6月に糖尿病看護分野の認定を取得することができました。

糖尿病は、生涯にわたり治療が必要な疾患です。

糖尿病治療は、良好な代謝コントロールを維持し、合併症の発症を予防し、悪化を防ぎ、健常人と変わらぬ社会生活を可能に出来、健康な人と変わらない寿命の確保を目標としています。

治療の主役は患者さんです。私は、患者さんが、どのようなことを感じ治療を受けられているのか・どのようになりたいと思っておられるのかなどをお聞きし、おひとりおひとりとの時間を大切にするように心がけています。日常生活の中に治療がうまく取り入れられるように、一緒に考えていきたいと思っています。インスリン療法についての疑問、低血糖症状の回避・対処方法について、また、介護されている方の悩みなども相談に応じます。患者さんから相談されることが、何より嬉しいことですので、気軽に声をかけてください。

また当院には、糖尿病専門医・糖尿病療養指導士 13名(看護師・臨床検査技師・薬剤師・管理栄養士・理学療法士)がいます。それぞれが専門分野で患者さんをバックアップしています。私は内科外来で勤務しています。よろしくお願いします。

皮膚・排泄ケア認定看護師  池田真美子

皮膚・排泄ケア認定看護師

2009年に皮膚・排泄ケア認定看護師の資格を取得し、活動しています。

皮膚・排泄ケアは、創傷・オストミー・失禁ケアがあり、様々な患者さんへの関わりをもつ機会の多い分野です。主に院内では、寝たきりの方や急性期で安静を必要とされる患者さんへの褥瘡予防について、医師や看護師・他職種で構成されたチームで連携し、個々の患者さんに応じた褥瘡対策を行っています。また、人工肛門(ストーマ)を造設された患者さんへの排泄支援として、ストーマ外来を開設しています。いずれのケアも、患者さんが病院や在宅で安心できる療養生活が送れるよう、サポートしていきます。

感染管理認定看護師  岸本達希

感染管理認定看護師

2013年に感染管理室を開設し、感染管理専従看護師として活動しています。

感染症のほとんどは、人の目で見ることのできない細菌やウイルスとの戦いです。感染症は早期に治療すること、感染症が病院内に広げないよう予防していくことが大切です。患者さんが安心して治療に専念できる療養環境を提供し、病院におけるすべての人々(患者・医療従事者・訪問者・その他の人々)を感染から守れるよう日々、努力しています。

訪問看護認定看護師  山下千鶴

感染管理認定看護師

訪問看護師は、ご自宅に訪問して、療養されている方ひとりひとりの状況に応じて、介護の相談、医療処置や精神支援、在宅看取りの支援などを行います。

私は、加西病院に訪問看護ステーションが開設された2011年から、訪問看護師として在宅療養されている方のお宅へ伺っています。2014年に「訪問看護認定看護師」の認定を受け、医療と介護の両面から、療養生活を支援する専門職として活動しています。訪問看護をはじめ、在宅サービス全般についてもご相談ください。医師や看護師、ケアマネジャーや介護職など多くの職種と協力して、体調や自宅の環境にあった方法をご一緒に考えていきます。