市立加西病院

整形外科 紹介

整形外科の紹介及び当院の特長

整形外科は四肢、脊椎、骨格など頚部以下の運動器官、姿勢に関与する諸疾患を扱う科です。当院の特徴として来院される患者様の割合が外傷疾患、慢性疾患が半分ずつぐらいです。骨折に関しては大腿骨頚部骨折、橈骨遠位端骨折が多く、老年人口が多い典型的な地方病院です。

大腿骨頚部骨折では出来るだけ早期に内科医師とともに手術のリスクを評価して、早期手術、早期離床を目指します。その後の長期理学療法が必要な場合は地域病院及び周辺施設と連携していきます。

診療内容

整形外科一般 骨折や捻挫等の外傷、関節病、神経病などの有痛疾患の診断と治療ができます。
関節外科 各関節の手術、全人工関節置換術が主に膝関節、股関節で行われています。 特に全人工股関節置換術において当院で開発されたソケットポジショニングシステムによって正確に人工関節の設置が可能となりました。
脊椎疾患 手足のしびれ、麻痺を起こす疾患について整形外科的に診断治療を行なっていますが、手術的治療が必要な場合は専門病院にご紹介させて頂いております。
関節鏡手術 膝関節、足関節において関節鏡を使用し、小さい傷で関節の手術治療が可能です。
スポーツ外傷 スポーツによる外傷疾患について、診断と治療が出来ます。
骨粗鬆症 骨密度測定や骨代謝マーカー測定等の検査をしています。
骨粗鬆症を早期に加療することによって骨折の発生を防ぐことができます。そして骨粗鬆症を正確に血液検査、骨密度等で正確に診断評価して加療していくことが大切と考えています。