平成27年度 市立加西病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

  ※尚、件数が10件未満のものは、「-」で記載しています。

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 36 50 121 158 195 302 690 1079 1381 474
2015年度退院患者さんの人数を10歳刻みの年齢階級別に集計しています。年齢は入院時の満年齢です。
(特徴)
当院の入院患者さんは、60歳以上の占める割合が全体の80.8%、80歳以上では、41.4%と比較的ご高齢の患者さんが多くを占めています。特に80歳以上では、肺炎、誤嚥性肺炎、心不全による入院が多くなっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 67 15.72 12.6 7.46% 83.34
180010x0xxx0xx 敗血症 62 24.39 18.99 16.13% 81.40
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 45 6.29 5.5 0.00% 55.04
1位の腎臓または尿路の感染症とは、急性腎盂腎炎や腎膿瘍などで、主に抗生剤により炎症反応を抑える治療が行われます。
2位の敗血症とは肺炎や尿路感染症から血液中に感染が広がり重篤な全身症状を引き起こす疾患です。主に抗生剤治療が行われます。
3位のウイルス性腸炎とは、一般的に抵抗力が弱くなったときにウイルス等に感染し下痢や腹痛の症状を伴う疾患です。
また、糖尿病疾患での血糖、食事コントロール目的の糖尿病教育入院にも対応しています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 カテーテル治療なし 副傷病なし 120 19.70 18.30 6.67% 86.33
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 カテーテル治療あり 96 3.42 3.07 1.04% 69.97
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 カテーテル治療なし 人工呼吸又は中心静脈注射実施 50 6.48 4.87 2.00% 71.70
循環器内科では、心不全、狭心症、急性心筋梗塞、不整脈、心臓弁膜症、閉塞性動脈疾患等の治療を多く扱っています。心不全、狭心症の方の割合が多く、その中でカテーテル治療の適応があれば、緊急でも対応できるように24時間のオンコール体制をとっています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x00x 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 手術なし 96 2.58 7.01 0.00% 80.23
060100xx03xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍含む) 66 2.62 2.76 0.00% 76.42
060340xx03x00x 胆管結石、胆管炎 手術なし 39 14.03 10.93 5.13% 78.36
消化器内科では、胃、腸、肝臓、膵臓、食道等の消化器臓器に対する疾患を診ています。
結腸(大腸の一部分)の悪性腫瘍は、ステージⅠ~ステージⅣまで分かれていますが、ステージⅠ(早期)の場合は、腹腔鏡によって患部を切除する事も可能です。ステージがあがるにつれて、開腹手術や化学療法が必要となります。
2位の小腸大腸の良性疾患とは、いわゆる大腸ポリープの事で、この場合は内視鏡的大腸ポリープ切除術、粘膜切除術等を実施した件数です。
3位の胆管結石、胆管炎では、症状によっては外科へ転科し腹腔鏡下胆のう摘出術等を実施しますが、そこまで炎症がひどくない場合は、内科で抗生剤治療を行います。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 237 14.85 14.34 5.91% 77.60
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 150 22.29 21.69 21.33% 81.70
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術なし 26 22.81 20.63 19.23& 80.62
呼吸器内科では、主に肺炎や気管支炎の患者さんを診療しています。肺炎はその性質や原因によって病名が違います。誤嚥性肺炎とは細菌が唾液や胃液と共に肺に流れ込んで生じる肺炎です。高齢者の肺炎の70%以上が誤嚥に関係していると言われています。3位の間質性肺炎とは、普通の肺炎とは違い、肺の中でも「間質」という肺胞と肺胞の間にある組織に炎症がおきるものです。塵肺もこの分類に含まれます。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞 エダラボン使用 41 25.76 18.08 34.15% 73.76
030400xx99xxxx 前庭機能障害 32 5.06 5.31 0.00% 67.88
010060x099000x 脳梗塞 手術・処置なし 32 17.25 15.8 15.63% 78.25
神経内科では脳梗塞や前庭機能障害(いわゆる目まい)、パーキンソン病やてんかん、認知症等の疾患を診ています。
中でも脳梗塞の急性期は件数が多く、発症後24時間以内であれば、エダラボンという点滴薬を使用して脳の活性酸素を取り除き、後遺症を防ぐ治療を行う事も可能です。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx0200xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等 手術・処置等なし 32 9.28 7.84 0.00% 63.69
060150xx03xx0x 虫垂炎 副傷病なし 26 9.31 5.56 3.85% 44.96
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術・処置等なし 19 23.16 17.41 0.00% 73.95
当院外科は、胃、腸、肝臓、膵臓などの消化器系の疾患に関する手術や治療の実績が多いです。
第1位の「胆嚢水腫、胆のう炎」とは、急性胆のう炎や、胆のう結石などのことを指します。その中でも腹腔鏡下胆のう摘出術を実施したものが32件となっています。第2位の「虫垂炎で虫垂切除術を実施したもの」でいうところの虫垂切除術には、開腹によるものと腹腔鏡下によるものの両方が含まれます。(うち腹腔鏡によるものは15件)ただし、「虫垂炎で膿瘍(ひどく膿んだ状態)を伴うもの」はこの26件には含まれておりません。第3位の結腸の悪性腫瘍でいう結腸とは、大腸の一部分で虫垂の終端あたりから直腸の直前あたりまでの部分を指します。その結腸に悪性腫瘍があり、一部又は全部の切除術を実施(腹腔鏡と開腹の両方を含む)したものが19件ありました。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 95 38.47 28.7 48.42% 84.23
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 副傷病なし 10 38.60 34.04 20.00% 74.20
080011xx99xxxx 急性膿皮症 - - 11.97 - -
1位の「股関節大腿近位骨折」とは、大腿部頚部(転子部)骨折つまり股関節部分の骨折を指します。股関節部分の骨折は、比較的入院期間が長く、さらに急性期の治療を終えても、自宅に帰るまでは長いリハビリ期間を要することが多い疾患です。当院では、急性期の治療が終わった方は当院の地域包括ケア病棟への転棟(回復期間の療養を目的とします)、また近隣病院との地域連携を大切にし、リハビリ主体の病院へスムーズな転院ができるように調整しています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 20 8.25 7.76 0.00% 52.60
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 12 6.67 5.53 0.00% 39.42
030390xx99xxxx 顔面神経障害 - - 9.79 - -
1位の慢性副鼻腔炎は、主に内視鏡下鼻内手術を実施するための入院加療です。2位の扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎は、主として抗生剤による保存療法を行います。当院耳鼻咽喉科の専門は鼻領域ですが、この他にも耳領域での鼓室形成術、顔面神経障害等の入院加療、さらに咽頭喉頭領域では、急性扁桃炎、扁桃周囲膿瘍、急性喉頭蓋炎等の治療、嚥下機能評価、気管切開も行っています。
精神科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
170040xxxxxxxx 気分[感情]障害 12 17.67 21.79 8.33% 56.92
100270xxxxx0xx 間脳下垂体疾患(その他) 手術なし 10 36.10 28.78 0.00% 33.10
01021xxxxx0x0x 認知症 手術なし 副傷病なし - - 13.61 - -
1位の気分障害とは、うつ病エピソードや躁うつ病などが含まれます。2位の間脳下垂体疾患とは、神経性の拒食症や大食症のことを指します。精神科の入院のうち多くみられる統合失調症やストレスによる神経症などは、DPC(包括支払い制度)による入院ではなく出来高制度に基づくため、上記の数字には含まれていません。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120140xxxxxxxx 流産 27 1.19 2.34 0.00% 36.22
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 22 10.41 10.18 0.00% 43.95
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 16 10.50 9.53 0.00% 70.44
1位の流産の中には、子宮外妊娠等も含まれます。
2位にある「子宮の良性腫瘍」とは主に子宮筋腫のことを指します。子宮ポリープはこの中には含まれていません。その中で筋腫核出術子宮全摘術を行ったものが22件でした。3位にある生殖器脱出症とは子宮脱や膣脱症のことを言い、これに対して子宮脱手術や子宮全摘術、膣壁形成術等の手術を行った件数が16件でした。
また、出産に関する入院についてはこの中には含まれていませんが、分娩件数243件、帝王切開術を61件実施しています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術・処置等なし 13 6.08 6.17 7.69% 0.00
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし - - 5.5 - -
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術・処置等なし - - 11.59 - -
当院小児科入院で多いのは、低体重での出生児です。当院では産婦人科で生まれたお子さんが低体重であったり、低ビリルビン血症などの比較的軽微な代謝障害があった場合にすぐに入院できるような体制を整えています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020220xx97xxx0 緑内障 片眼 20 10.95 9.57 0.00% 67.80
020290xx97xxxx 涙器の疾患 19 2.11 5.18 0.00% 69.84
020240xx97xxx0 硝子体疾患 片眼 - - 7.42 - -
当院眼科入院のうち約8割を占める「白内障で水晶体再建術を実施する方」は、短期滞在手術等基本料3という、DPCとは別の枠組みになるため、この中には含まれていません。(白内障手術286件)
第1位の緑内障では、原因や症状に合わせて「流出路再建術」や、「虹彩切除術」、「濾過手術」などが実施されます。第2位の涙器の疾患は、涙道に炎症や狭窄がある場合に、それぞれの症状にあわせて「涙小管形成手術」や「涙管チューブ挿入術」「涙嚢鼻腔吻合術」などが実施されます。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 33 - - 13 - - 1 7
大腸癌 15 22 31 10 - - 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - 11 - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大がんと呼ばれる胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がんの患者さんの数を、初発のUICC病期分類別、および再発に分けて集計しています。UICC病期分類とは、UICC病期分類国際対がん連合によって定められた①原発巣の大きさと進展度②所属リンパ節への転移状況③遠隔転移の有無の3つのカテゴリによってがんをⅠ期(早期)~Ⅳ期(末期)の4つのステージに分類するものです。
当院では胃がん、大腸がん、肝がんといった消化器系の癌が多くなっています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 35 7.83 46.14
重症度 1 77 14.64 81.43
重症度 2 37 16.49 86.19
重症度 3 12 26.67 87.17
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
市中肺炎とは、普段の社会生活の中でかかる肺炎のことで、成人市中肺炎診療ガイドライン(日本呼吸器学会)による重症度分類を用いて集計しています。
この指標では細菌による肺炎を集計しており、インフルエンザウイルスなどのウイルスによる肺炎や誤嚥性肺炎(食べ物を誤って飲み込んだ事が主な原因となる肺炎)、気管支炎は集計対象外です。
重症度0は軽症、重症度1~2は中等症、重症度3は重症、重症度4以上は超重症と分類されます。当院では中等症に値する方が最も多くなっています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 20 11.15 70.15 0.00%
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 106 31.35 79.05 28.36%
その他 28 25.54 80.75 5.22%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
発症3日目以内の急性期脳梗塞の患者さんが全体の約65.8%、発症から4日目以降に来院された脳梗塞の患者さんが17.4%を占めます。中でも、発症後4.5時間以内の超急性期脳梗塞の場合には、t-PAという血栓を強力に溶かす薬を点滴投与する治療を優先して実施しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 59 4.76 5.81 6.78% 72.88
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症に対するもの) 26 0.00 19.23 3.85% 73.73
K616 四肢の血管拡張術、血栓除去術 26 7.50 6.85 7.69% 75.31
1位、2位の経皮的冠動脈ステント留置術とは、狭くなった冠動脈(心臓にある血管)を血管の内側から拡げるために行う低侵襲的な治療法で、下肢の大腿動脈または上肢の橈骨動脈や上腕動脈から「カテーテル」という細い管を挿入し、大動脈を通過して冠動脈の狭窄部まで進めて治療を行います。同じ手術でも、急性心筋梗塞の時と不安定狭心症の時、それ以外の時では予後が違ってくるため、設定されている点数も違います。
3位の四肢の血管拡張術、血栓除去術は主に、閉塞性動脈疾患のときに実施されます。これはカテーテルを使って、狭くなっている動脈(大腿の付け根部分が多い)を拡張または、つまっている血栓を除去することで血流をよくする手術です。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術(長径2センチメートル未満) 90 4.26 3.30 0.00% 75.70
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 39 3.13 2.79 0.00% 75.38
K654 内視鏡的消化管止血術 35 1.34 10.63 8.57% 72.69
1位の内視鏡的大腸ポリープ切除術とは、内視鏡を使って大腸ポリープを切除する手術で、大きさや患者の年齢などによっては、外来での手術となる事もあります。ここに上げる90件は、入院により実施したものです。2位の内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術は1位の手術とほぼ同じであるが、粘膜にポリープができている場合に実施されます。平成28年度からは、内視鏡的大腸ポリープ切除術と内視鏡的結腸ポリープ切除術は1つの点数にまとめられました。
3位の内視鏡的消化管止血術は、胃や食道、大腸などの出血部分を内視鏡を使ってクリップでの処置や薬剤注入を行い、血を止める手術です。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 53 1.57 7.08 1.89% 63.94
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 39 0.74 5.38 2.56% 69.00
K7181 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 14 0.21 9.71 7.14% 56.14
1位の腹腔鏡下胆嚢摘出術は、胆のう結石や胆管結石の時に実施されます。この手術では腹腔鏡を使用するため、一般的に開腹によるものよりも術後の疼痛が少なく、入院期間が短く済むとされています。ただし重症の急性胆嚢炎を起こしていたり、腹腔内に高度の癒着がある場合などは、この手術はできません。
2位の鼠径ヘルニア手術。鼠径ヘルニア(いわゆる脱腸)とは、本来ならお腹の中にあるはずの腹膜や腸の一部が、鼠径部(大腿部のつけ根あたり)の筋膜の間から皮膚の下に出てきてしまう疾患です。多くの場合、出てきた部分を切除し、脆弱な部分を補強する手術が実施されます。
3位の虫垂切除術とはいわゆる盲腸の切除術で、抗生剤等では炎症が治まらなかった場合に実施します。ここに上がっている14件は開腹手術により実施した件数です。炎症が軽度の場合は腹腔鏡による手術が選択される場合もあります。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 74 4.97 34.86 50.00% 83.99
K0811 人工骨頭挿入術(股) 37 6.54 31.89 40.54% 85.49
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨) 17 4.53 40.71 0.00% 57.47
当院整形外科において、外傷疾患が全体の6割以上を占めます。そのため手術も骨折に対する治療が主体となっています。
1位と3位にあがっている骨折観血的手術とは、骨折部位を手術で開き鋼線やワイヤーなどを使い良い位置で内固定して保持する手術です。2位の人工骨頭挿入術は、股関節の大腿骨頭が壊れ、保存治療が難しいときにこれを金属の骨頭と取り換えて関節機能を取り戻させる手術です。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 18 0.83 6.67 0.00% 54.89
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 - - - - -
K319 鼓室形成手術 - - - - -
1位の内視鏡下鼻・副鼻腔手術とは、慢性化した副鼻腔炎(いわゆるひどい鼻づまり)の根治のため、内視鏡を鼻腔(鼻の孔)から入れてその奥の副鼻腔との通路を広げてスムーズに通るようにする手術です。当院担当医の専門領域です。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9091 流産手術(妊娠11週までの場合) 27 0.07 0.00 0.00% 36.22
K877 子宮全摘術 25 1.12 9.16 0.00% 46.20
K872-3 子宮鏡下有茎粘膜下筋腫切出術、子宮内膜ポリープ切除術 16 1.00 1.06 0.00% 38.63
2位の子宮全摘術のうち、子宮筋腫によるものが22件となっています。3位の子宮内膜ポリープ切除術、子宮鏡下有茎粘膜切除術は、子宮頸管拡張器を用いて頸管を広げたうえで、レゼクトスコープを用いて筋腫を切除する手術です。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 286 0.02 1.07 0.35% 75.06
K2021 涙管チューブ挿入術(涙道内視鏡を用いるもの) 14 0.07 1.00 0.00% 75.57
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 12 0.00 8.42 0.00% 67.92
1位の水晶体再建術は、白内障治療のために行う手術で、原則として1泊2日の入院治療です。2位の涙管チューブ挿入術は、涙道内視鏡を使用した手術で、日帰り手術または1泊入院手術で、ここに上がっている14件は1泊2日入院の件数になります。3位の流出路再建術は、緑内障の中でも、原因が線維柱帯からシュレム管と呼ばれる部分までの房水の流れが妨げられていることによって起こっている場合に実施されます。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 38 0.85%
180010 敗血症 同一 37 0.82%
異なる 57 1.27%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
播種性血管内凝固症候群(DIC)とは、癌や敗血症などなんらかの原因があり、血液がかたまる力が強くなってしまい、体中の毛細血管に至るまで血栓ができる状態のことをさします。結果として、出血量が多くなったり臓器不全を引き起こしたりします。
敗血症とは、肺炎や尿路感染症から血液中に感染が広がり重篤な全身症状を引き起こす疾患です。特に高齢者は、抵抗力が弱く肺炎などから重症化する例が多くみられます。
(手術・処置等の合併症について)
当院では、手術処置等の合併症に分類されるものは5件でした。なお、この合併症の中には適正に使用された薬剤によるアナフィラキシーショック(薬疹含む)も集計されるため、必ずしも手術後の合併症のみを集計した項目ではありません。
更新履歴